慢性的に続く下痢。
整腸剤、抗生物質など対症療法で、改善しない場合は、
内視鏡検査が勧められます。

麻酔をかけて内視鏡を入れるので、
動物に苦痛はありません。

イメージ 1

これは腸炎を起こしている十二指腸。
粘膜がかなり荒れてます。
ただし、肉眼的な様子と症状は合致しないことが多いので、
粘膜の病理検査を行います。
このケースではリンパ球・形質細胞性腸炎と診断されました。

病理検査で腸炎と診断されても、リンパ腫が隠れていることがあるので、
リンパ球クローナリティ検査の併用が望ましいです。

対症療法で改善しない慢性下痢のときに行なっています。